真実のこと


私は昔、自分は足が長いと思っていた。そう思うようになったのは、12歳の時だ。私は親友とお尻を並べて床に座り、足をまっすぐ前に伸ばして長さを比べていた。友達の方が私よりも1センチちょっと短った。友達の方が自分より背が高いので、これには二人とも驚いた。考えられない結果に思え、私たちはもう二回調べた。でも、何度調べても結果は同じだった。
正確なはかり方とは到底言えないけれど、私はこの結果に気をよくした。一年近くの間、私は自分のことを足が長い女の子と思っていた。でもその後、ある日、女性の友達とその話をしたら、笑われた。私は背が高くないのに、いくら足が長くても170センチの人に勝てない。その言葉に大変ショックだった。